【フルスクラッチとは?】ECサイト構築のメリット・デメリット&費用や開発の流れを解説

【フルスクラッチとは?】ECサイト構築のメリット・デメリット&費用や開発の流れを解説

「フルスクラッチの開発も検討しましょう!」
「ECショップにその仕組みを取り入れるには、フルスクラッチの開発が必要ですね…」

ECショップのオープンやリニューアルを検討していると、「フルスクラッチ」という言葉を聞く機会があるのではないでしょうか?企業がこれから新たにWebサイトを制作するもしくは制作し直すとなった際、どのような方法・流れで制作するかは重要なポイントの一つです。

特にECサイトの場合は、ショッピングカートや商品在庫管理、会員登録など通常のWebサイトに比べ多くの機能が必要となるため、制作方法については悩みどころではないでしょうか。

そこで今回はWebサイト、特にECサイトの制作を行う方法の一つ、フルスクラッチについて、概要やメリット・デメリット、注意点、費用感・作り方などをお伝えします。

DMMチャットブーストではコーディングに関する記事もございますので、ぜひご覧ください。

DMMチャットブーストforEC

フルスクラッチとは?

フルスクラッチとは、何もない状態から新規にシステムやアプリケーション、ソフトウェア、そしてWebサイトなどを開発することを指す言葉です。「スクラッチ開発」という言葉もありますが、「フルスクラッチ」とほぼ同義と考えてよいでしょう。

完全にゼロから開発することが特徴のフルスクラッチに対して、スクラッチ開発はプログラミングのフレームワークやテンプレートを使用して開発するものと定義する人もいますが、どちらもエンジニアに設計やコーディングを依頼するという点ではほぼ同じです。

ECサイトの制作を検討している側としては、どちらも「ゼロの状態から開発すること」と捉えて問題ありません。フルスクラッチとは、ニーズを元に完全オーダーメイドでWEBサイトなどを開発することができるとイメージするとわかりやすいでしょう。
 

フルスクラッチとパッケージ開発の違いは?

「フルスクラッチ(スクラッチ開発)」とよく対比されるものとして、「パッケージ開発」という言葉があります。
パッケージ開発は既存のソフトウェアを活用して開発する手法を指します。

フルスクラッチが完全オーダーメイドなのに対し、パッケージ開発は既製品をカスタマイズするようなイメージで捉えるとわかりやすいでしょう。

 

フルスクラッチのメリット

Webサイトを制作する方法はフルスクラッチ以外にもいくつかありますが、そのなかでフルスクラッチを選択するメリットにはどのようなものがあるのでしょう。主なものとして次の2点が挙げられます。
 

フルスクラッチのメリット①自社の理想とするWebサイトが制作可能

フルスクラッチでWebサイトを制作する最大のメリットは、自社の理想とするWebサイトが制作可能な点です。
ほかの方法でWebサイトを制作する場合、機能やデザインなど何かしらの制約があります。
それによって自分たちがつくりたいものがつくれないケースも少なくありません。しかしフルスクラッチであればそうした制約は一切なく、自分たちの理想を最大限に叶えられます。

 

フルスクラッチのメリット②最新機能を追加可能

Webサイトにも流行・トレンドがあり、その時によって流行りのデザイン、機能が登場します。
フルスクラッチ開発は予算次第にはなりますが、仕様に制限がないため、追加したい機能が出てきた際、すぐに自社のWebサイトに実装することが可能です。

もちろん、パッケージ開発であっても多くのWebサイトで取り入れられている機能であれば、追加で利用できるようになる場合もあるでしょう。しかし取り入れられるまでに時間がかかってしまい、いざ使えるようになった際には一般化し過ぎていて差別化できず独自性が出せなくなってしまうケースも多いようです。

海外で流行っている機能やデザインから影響を受け、いち早く自社のWebサイトに取り入れたいと思った際、
迅速に対応できるのはフルスクラッチの大きなメリットといえるでしょう。

 

DMMチャットブーストではアパレルブランドの立ち上げに関する記事もございますので、ぜひご覧ください。

フルスクラッチのデメリット

自分たちが理想とするWebサイト制作を実現し、新たな機能にも柔軟に対応できるメリットを持つフルスクラッチ。
しかしデメリットもあります。特にフルスクラッチを検討した際、大きな障壁となるのは次の2点です。
 

フルスクラッチのデメリット①社内にプログラマーやコーダー、デザイナーが必要

フルスクラッチのメリットを最大限に生かすには、スピード感が重要な要素の一つとなります。
そのため、社内にプログラマーやコーダー、デザイナーなどを抱えなくてはなりません。

もちろん外部に制作を依頼することも可能ですが、何かあった際や新たな機能を追加したい場合、タイムラグが生まれてしまいます。「気になった機能を試してみたい」「理想を実現するため納得がいくまで時間をかけてミーティングをしたい」いち早く改善したいといった場合、社内に担当者がいないと難しいでしょう。

もし社内に担当者がいない場合は、既存社員に対する教育をするもしくは新たに雇用をする手間が発生するのもフルスクラッチを実施するデメリットの一つです。

 

フルスクラッチのデメリット②制作コストがかかる

テンプレートを使ったり、すでに用意されている機能を組み合わせたりしてWebサイトを制作するパッケージ開発は、既存のものを使うため、コストを抑えた制作が可能です。しかしフルスクラッチは、すべてをゼロから開発しなくてはならないため、ほかの方法に比べてかなりのコストがかかります。商品数や機能にもよりますが、数百万円から数千万円かかるケースも珍しくありません。

またゼロから開発すれば、既存のものを使うのに比べ時間も大幅にかかるため、時間的コストもかかる恐れがあります。しかも、「システムが思ったように動かない」「細かいバグがいくつも発生する」といったリスクも考えながら制作しなければなりません。


金銭的コスト、時間的コスト、精神的コストの3つのコストが大きな負担となる可能性があるのがフルスクラッチのデメリットです。

 

フルスクラッチでWebサイトを制作する際の注意点

フルスクラッチのメリット・デメリットを把握したうえで、
フルスクラッチでWebサイトを制作するにはどのような点に注意が必要なのかについて説明します。
 

フルスクラッチが本当に必要かどうかを明確にする

Webサイトの制作が決まった段階で、Webサイトを使って誰にどのような情報をどうやって伝えるかを明確にする必要があります。
その際、制作方法についてもしっかりと検討しなくてはなりません。

例えば、

・Webサイトでの売上予測を立てたうえでフルスクラッチにした場合、そのぐらいの期間で制作費を回収できるのか
・運用開始後のメンテナンスやトラブル対応にかかるコストはどの程度かかるのか(内部で行った場合と外部に依頼した場合の費用概算)

といった内容を予測し、それでもフルスクラッチを選択するメリットがあるのかどうかはしっかりと検討すべきでしょう。

またリニューアルする場合であっても、これまで使っていたシステムを変えてまでフルスクラッチを選択するメリットがあるのかどうかは検討が必要です。「これまでのシステムの使い勝手が悪い」「商品数やコンテンツの数が増え過ぎてしまい管理が難しくなった」などの理由があったとしても、まずはフルスクラッチとそれ以外の方法の比較をおすすめします。

現在の課題を解決できるソフトウェアやウェブサービスがないかを調査したり、他社の似たような機能がどのように作られているかを研究したり、まずは比較検討するための情報を集めましょう。

そのうえでどちらのほうがメリットが多いか、デメリットが少ないかを考えたうえで選択するとよいでしょう。

 

認知・集客方法までを検討したうえで決める

Webサイトは制作したらそれで終わりではありません。
むしろ制作した段階からの運用をしっかりと考えたうえで制作方法を決める必要があるでしょう。

例えばECサイトで楽天やYahoo!ショッピングなどのショッピングモールを使う場合、制作段階ではさまざまな制約がありますが、独自店舗に比べれば集客がしやすくなります。

自社がすでに多くの顧客に認知を得ていて、自社名や商品名といった指名検索が多ければ、制約の多いショッピングモールを選択する必要はないかもしれません。しかしほとんど認知されていない場合は、ショッピングモールも選択肢の一つとして考える必要があるでしょう。

ほかにも集客を考えた場合、SNSやブログとの連携、広告運用など外部サービスの活用も欠かせません。その際、簡単に連携が取れるサービスを活用してECサイトを制作すれば、フルスクラッチに比べ運用効率は格段に向上します。

制作の自由度、カスタマイズ性だけで見るのではなく、その後の集客や運用効率までを視野に入れ、長期的な視点で選択することをおすすめします。

 

フルスクラッチ以外のECサイト制作方法

前項の注意点を踏まえ、フルスクラッチと比較検討するうえでその対象となるWebサイト制作方法を紹介します。

フルスクラッチ以外のECサイト制作方法①モール型ECに出店する

モール型ECとはいわゆる楽天Yahoo!ショッピング、AmazonのようなECショッピングモールを指します。
ほとんどのショッピングモールでは出店に必要なテンプレートが用意されているうえ、ショッピングカートや在庫管理機能はデフォルトで装備されています。

そのため、プログラミングの知識がなくても最低限のECサイト制作は可能です。ECを始めたばかりの企業や、リアルで独自店舗がありECを始めたいと考えている企業に適したタイプといえます。
初期・月額費用や販売手数料がかかるケースが多いものの、制作だけで見れば数千円から数万円で済むでしょう。
 

フルスクラッチ以外のECサイト制作方法②レンタルカート型ECを活用する

レンタルカート型ECとは、ショッピングカートや在庫管理機能などECに必要な機能を提供してもらいながら展開するECサイトです。
ECに必要な機能を「レンタル」してもらうイメージです。

ショッピングカートや在庫管理機能などECを行ううえで基本的な機能は用意されていて、運営者は商品ページやコンテンツページを制作すればECサイトが完成します。

商品ページやコンテンツページの自由度が高いため、すでにECで実績があり、モール型から独自店舗に切り替えたいといった企業におすすめといえるでしょう。代表的なサービスとしては、Eストアーショップサーブ、MakeShop、Xcartなどが挙げられます。
モール型同様、初期・月額費用や販売手数料がかかるケースもありますが、制作コストは数十万円以内が一般的です。
 

フルスクラッチ以外のECサイト制作方法③CMS型EC

CMS型ECとは、WordPressEC-CUBEのようなCMSを使ってECサイトを制作する方法です。パッケージそのままではあまりにもシンプルなサイトになってしまうため、カスタマイズが必要です。そのため、制作・運用には、プログラミングやサーバーの知識必要と言えるでしょう。

ただし一度システムを構築してしまえば、商品の陳列や、店舗紹介文の更新など、運営作業はプログラミングの知識がなくてもできるため、エンジニアリングの知識がないメンバーでも運用は可能です。

利用自体は無料のCMSがものが多いものの、制作から運用にかかるコストは数十万から百万円代になる場合もあるでしょう。
またショッピングカートや在庫管理機能をプラグインとして追加していく形で制作していきますが、有料のものを使えばその分、コストが発生します。
 

フルスクラッチ以外のECサイト制作方法④ASP型EC

ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)とは、ショッピングカートや在庫管理機能、ページ作成機能などネットショップを構築・運用するうえで必要なほとんどの機能をレンタルできるサービスです。

レンタルカート型とよく比較されるASP型EC。
レンタルカート型がECの決済関連の仕組みだけをレンタルするのに対し、ASP型は商品ページや店舗紹介ページなどお店の運営に必要なものをまるごとレンタルできます。

ASP型のほうがページ作成面で比較的自由度が低いものの、その分、容易に構築・運用が可能になっています。

ASP型を採用する企業は近年増えてきています。ShopifyBASEなどほとんどの機能を無料で利用できる形のサービスが人気です。
複雑なデザインや多機能なECサイトは難しいものの、通常のECサイトであれば問題なく利用できるでしょう。

販売手数料はかかりますが、制作にかかるコストは数千円からかかっても数万円程度です。とりあえずテスト的にECを始めたいといった企業はもちろん、これから本格的にECに取り組みたい中小企業におすすめのタイプといえるでしょう。

 

DMMチャットブーストでは新規事業の立ち上げに関する記事もございますので、ぜひご覧ください。

フルスクラッチで開発するかは、コストや運用を考えて検討しよう

フルスクラッチは自分たちの思いどおりのWebサイト制作が行えます。
しかし今回紹介したように制作には数千万円かかるケースも珍しくないため、利用している企業・事業者は減りつつあるのが現状です。

もちろん大手企業やそれだけのコストをかけても元が取れる企業であれば、選択肢の一つとして検討する余地は十分にあるでしょう。ただ制作後の集客や販促などの運用面まで考えればあまりおすすめできる方法とはいえません。

仮に将来的にはフルスクラッチをと考えている場合であっても、最初の段階ではできるだけコストを抑え、集客や販促に力を入れることで成功の可能性も高まります。

そこでおすすめしたいのがSNSとECサイトの連携です。特に最近の傾向としてLINEのチャットボットを活用しECサイトへ誘導するのが効率的かつ確度の高い方法として利用企業も増えています。

例えばインスタントECのShopifyであれば低コストで制作できるうえ、LINEのチャットボットとの連携も可能なため、高い集客効果が期待できるでしょう。

そしてさらに集客効果を高めるうえでおすすめなのがDMMチャットブーストです。
LINEと連携し、自動での顧客対応や顧客情報の紐づけ、自動販促通知など多くの機能を有しています。

ECサイト運用の効率化を図りつつ集客効果を高めるために、DMMチャットブーストの活用をぜひご検討ください。 

DMMチャットブーストではSNS集客の事例インスタグラムでの集客に関する記事もございますので、ぜひご覧ください。

DMMチャットブーストforEC