ECサイト構築にかかる費用の相場と注意点と見積もり例を紹介

ECサイト構築にかかる費用の相場は?注意点や見積もり例も紹介

RuffRuff App RuffRuff App by Tsun

EC市場は年々成長傾向にあり、ビジネスチャンスを狙って参入する個人や企業は増えてきています。プレイヤーの増加に伴い、ECサイトを構築できるサービスも増えて来ています。

これからECサイトを作る方は、それぞれのサービスを使ってECサイトを構築した場合、どれくらいの費用がかかるかを知りたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では、ECサイトの構築方法別の費用の相場を説明するほか、サービスや制作会社を利用してECサイトを構築した場合の見積もり例を解説します。ECサイト構築にかかる費用の注意点や、ECサイト構築の費用対効果を上げるための方法も合わせて説明しますので、参考にしていただけますと幸いです。

DMMチャットブーストではECサイトの立ち上げに関する記事もございますので、ぜひご覧ください。

DMMチャットブーストforEC

サイト構築の方法と費用相場について

サイト構築の方法はおおきく分けて5つあります。
それぞれの方法と費用相場について説明していきます。

・モール型
・ASP
・オープンソース
・ECパッケージ
・フルスクラッチ

ECサイト構築費用の相場1|サイトモール型

モール型とは、すでにあるECサイト内にショップを出店する方法になります。
代表的なものとして、楽天市場・Amazon、Yahoo!ショッピングなどがあげられます。

モール型の特徴は、集客の必要がほとんどないことです。

サイト自体が集客を行ってくれているため、出店するだけでも集客効果があります。
その分、出店費用や運営費用は他の方法に比べて高額になるので注意が必要です。
資金力がある・すでに店舗を持っていてECサイトの出店を考えている人におすすめです。

▼サイトにかかる費用の内訳
・初期費用
・サイト構築費用
・サイト運営費
・商品撮影
・デザイン費用

▼費用相場
〜50万円程度

 

ECサイト構築費用の相場2|ショッピングカートASP

ショッピングカートASPとは、ECサイト構築のために必要な機能をクラウドで提供しているサービスのことです。
ASPとは、「Application Service Provider(アプリケーション・サービス・プロバイダ)」の頭文字をとった言葉で、アプリケーションをクラウド型で提供しているサービス、または、サービス提供者のことを指します。

代表的なサービスとしては。BASE、Storesなどがあげられます。また、ショッピングカートASPには、無料と有料のサービスがあります。
無料であれば、ECサイトの決済手数料のみで運営が可能なので、構築費は無料です。

ただし、集客や、デザインは自分で行う必要があるためその点も理解して検討すると良いでしょう。

▼サイトにかかる費用の内訳
・初期費用(無料の場合もある)
・決済手数料
・商品撮影・デザイン費用

▼費用相場
0〜数千円

 

ECサイト構築費用の相場3|オープンソース

オープンソースとは、無料で公開されているECサイトの構築システムのことです。代表的なサービスとして、EC-CUBEがあげられます。無料で公開されているため誰でも使用することができます。

ただし、サポートがないため自分で構築・集客しなければなりません。構築には、専門知識が必要になります。また、オープンソースの導入・構築を代行している会社も多数あるため検討してみると良いでしょう。

オープンソースを利用しているのは「Wacom」「矢澤ミート」「らしんばん」などすでに何年も続けている企業が多いです。
すでに事業を展開している・大規模なECサイトの構築を検討している人におすすめのサービスといえます。

▼サイトにかかる費用の内訳
・商品撮影・デザイン費用

▼費用相場
・自分で作成する場合:無料
・代行会社に依頼する場合:10〜500万程度(サイトの規模感によります)

 

ECサイト構築費用の相場4|ECパッケージ

ECパッケージとは、EC構築のシステムを販売しているサービスのことです。代表的なサービスとして「Orange EC」「ecbeing」などがあげられます。ECサイトのカスタマイズ性が高く、導入できる機能も自由度が高いです。

独自性の高いECサイトを構築することもできます。
その分、費用が高額であるためこちらも大企業で導入するのが向いているといえます。

▼サイトにかかる費用の内訳
・サービス導入費用
・サイト構築費用
・サイト運営費
・商品撮影・デザイン費用

▼費用相場
100〜500万

 

ECサイト構築費用の相場5|フルスクラッチ

フルスクラッチとは完全に0の状態からECサイトを構築する方法のことです。システムを独自開発するため、カスタマイズ性が非常に高いのが魅力です。ただし、構築費用が高く、制作期間も他の方法と比べて長く、さらにメンテナンスの費用もプラスしてかかります。

5つの中でも導入費用もリスクもダントツで高いため、こちらも大企業である場合に検討する方法を理解しておきましょう。

▼サイトにかかる費用の内訳
・ドメイン・サーバー費用
・サイト構築費用
・サイト運営費用
・商品撮影・デザイン費用

▼費用相場
数千万以上

 

DMMチャットブーストではECサイトのメリットに関する記事もございますので、ぜひご覧ください。

ECサイト構築の際に決めておくと良いこと

ECサイトを構築する際に事前に決めておくと良い情報について説明していきます。
下記を決めておくことでECサイト作成・発注のさいにスムーズに進められることができます。

ECサイト構築の際に決めておくべきこと1|ECサイト構築の予算

そもそもサイトの構築費用の予算はどれくらいまで出せるかを検討しておきましょう。
予算を事前に決めておくことで、ECサイトの構築方法を絞ることができます。

また、ECサイトの発注をする際にも予算を伝えることでどんなサイトを作れるか・どこまで対応可能かを制作会社の担当者が具体的に教えてくれるでしょう。

ECサイト構築の際に決めておくこと2|ECサイトのターゲット層

サイトのターゲット層を決めておくことも重要です。
例えば、若年層とシニア層でもサイトのデザインは変わってきます。

ターゲット層を決めることでどのデバイスに沿ってサイトを作成するべきか、サイトの文字の大きさはどれくらいがいいか、UIはどういったものを利用するべきかなどが見えてきます。

ECサイト構築の際に決めておくこと3|ECサイトの商品数

ECサイトを作成するさいに販売したい商品数はどれくらいかも一覧にしておくと良いでしょう。
商品数が多いときは「カテゴリー」という機能を使って商品を整理する必要があるからです。

またファッションなどの場合は、サイズ展開・カラー展開なども一覧にしておくとより良いです。
カテゴリーの整理は、ユーザーが欲しい商品にたどりつくための重要な作業になります。

また、種類が多いと見積もり金額も変わってくる可能性があるため事前に用意しておくことをおすすめします。

ECサイト構築の際に決めておくこと4|ささげ業務の委託 

ささげ業務とは下記のような作業のことです。

・商品の撮影
・商品の採寸
・サイト内の文言の作成

上記の作業は自社で行うべきか・制作会社に依頼するべきか決めることができます。
また、クラウドワークスなどのサービスで外部委託することもできます。

予算や状況にあわせてどうしたいか決めておくと良いでしょう。

ECサイト構築の際に決めておくこと5|決済機能の導入

導入したい決済機能も検討しておくと良いでしょう。
代表的な決済機能としては下記があります。

・クレジットカード決済
・銀行振込
・AmazonPay
・ApplePay
・後払い決済

など

利用できる決済方法によっても商品の購入率は変わってきます。
例えば下記の記事ではこのような内容がありました。


”アイピーロジックによる「Amazon Pay」導入前後の比較調査では、購入フローに入ってから購入完了までの割合は導入前で65%であった。それが、「Amazon Pay」導入後で93%までに達し、28ポイントもコンバージョン率が改善した(導入した20社、導入前後6か月のデータの中央値で比較)”。

引用元:netshop.impress.co.jp

一つの決済方法を導入するだけで、コンバージョン率(商品購入にいたった率)が1.5倍になるのはすごいことですよね。
こういった情報から、決済方法がいかに重要かがみてとれます。

なるべくたくさんの決済方法を導入するのがおすすめですが、こちらも予算とあわせて検討してみましょう。

ECサイト構築の際に決めておくこと6|配送・発送業務

最後に、配送・発送業務についてです。こちらはもちろん個人で梱包し、発送することもできますが規模感が大きくなると管理が難しくなりますよね。そういったときに配送・発送業務が委託できるサービスを知っておくと良いでしょう。

【配送・発送業務委託サービスができること】

  • 倉庫に商品を保管
  • 商品の梱包作業
  • 商品の発送作業
  • 商品数の管理

など

また、配送・発送業務が委託できるサービスは、ECサイト構築サービスによっては連携することもできます。
ECサイトと連携することで商品数の管理が容易にできます。

こちらも予算や規模感・また連携できるかどうかも含めて検討してみることをおすすめします。

 

 【サービスを活用】ECサイトを構築する際の費用例7選

ここからは、サービスを活用してECサイトを構築する場合の見積もり例7選を紹介します。紹介するサービスはフルスクラッチを除く、ECモールとカートASP、オープンソース、パッケージです。

それぞれ詳細な料金表を記載しますので、参考にすると良いでしょう。

ECサイト構築費用の事例1|MakeShop

引用:makeshop.jp

MakeShopは、GMOメイクショップ株式会社が運営しているショッピングカートASPです。人気が高いプレミアムプランと、大規模ショップ向け高機能プラン「MakeShopエンタープライズ」の2種類を提供しています。

プレミアムプランとMakeShopエンタープライズのプラン別料金表は下記の通りです。

プレミアムプラン MakeShopエンタープライズ
月額費用 税込1万1000円

長期契約ならば30%オフで、税込7700円

税込5万5000円〜
初期費用 税込1万1000円 税込11万円〜
商品数 1万点 5万点

具体的なサービス内容では、MakeShopがシステムカスタマイズや専用サーバー構築、メルマガ送信数の無制限などの点で、プレミアムプランと違います。ECサイト初心者の場合、プレミアムプランから始めて、後にMakeShopエンタープライズに移行するのも良いかもしれません。

ECサイト構築費用の事例2|Shopify

引用:shopify.jp

Shopifyは、世界170万以上の店舗で利用されているカナダ発のショッピングカートASPです。ECサイトの初心者かつ対面販売を行うビジネス向けのベーシックと、オンラインあるいは実店舗で販売を行う成長ビジネス向けのスタンダード、レポート機能を必要とする成長拡大中のビジネス向けのプレミアムの3コースを提供しています。

3コースの料金は下記の通りです。

ベーシック スタンダード プレミアム
料金 月29米ドル 月79米ドル 月299米ドル
日本のオンラインクレジット手数料 3.4%+0円 3.3%+0円 3.25%+0円
海外/AMEXのオンラインクレジット手数料 3.9%+0円 3.85%+0円 3.8%+0円
JCBのオンラインクレジット手数料 4.15%+0円 4.1%+0円 4.05%+0円
取引手数料 2.0% 1.0% 0.5%

いずれのコースも初期費用がかかりません。後からのプラン変更も可能です。機能面では、無制限の商品登録やクーポンコード、越境ECの無料実施があります。海外進出を考えている場合は、利用によるメリットが大きいかもしれません。
 

ECサイト構築費用の事例3|BASE

引用:thebase.in

BASEは、ECサイトの開設実績で4年連続ナンバーワンを誇るショッピングカートASPです。
月額費・初期費用が無料で、かかる費用は決済手数料のみ。

ネットショップ初心者でも、気軽にはじめてみることができるのが大きな魅力です。ユーザーはショップ開設に当たって、月額費用と初期費用を支払う必要はありません。その代わりに、購入成立時の決済手数料やサービス利用料、振込申請時の振込手数料・事務手数料がかかります。

利用料金は下記の通りです。

◎購入成立時
【BASEかんたん決済手数料】
1回の注文総額(送料含む)に対し、3.6%+40円

【サービス利用料】
1回の注文総額(送料含む)に対し、3%

◎振込申請時
【振込手数料】
一律250円

【事務手数料】
・2万円未満の場合:500円
・2万円以上の場合:0円


以上からわかるように、BASEは、購入成立時や売上金を口座に振込申請する際の手数料が高い傾向にあります。
それでもランニングコストが無料というメリットがあるため、十分な利益を見込める場合は利用すると良いのではないでしょうか。

 

ECサイト構築費用の事例4|Amazon

引用:amazon.co.jp

Amazonは、世界トップクラスのECマーケットです。Amazon.co.jpの月間ユニークビジターは、デスクトップで約1734万人、モバイルは約3856万人と推定されるほか、年間流通額は1兆円を超えるなど、大規模ECモールとされています。

Amazonの大きな特徴は、Prime機能です。AmazonPrimeを利用したことがある方は多くいらっしゃっるのではないでしょうか。
Prime機能は、AmazonのFBAというサービスを利用することで顧客に提供が可能です。

Amazonは、まず大口出品と小口出品の2種類があります。Amazonの大口出品のみFBAのサービスを利用することができます。
月間登録料は大口出品が月額4900円ですが、小口出品には月間登録料は課されません。ただ、小口手数料は、利用できる機能に制限がある上、一取引ごとに基本成約料として100円がかかります。

実際に売れた場合の販売手数料の一部は、下記のようになります。

カテゴリー 販売手数料 最低販売手数料
本、CD・レコード、DVD、ビデオ 15% なし
エレクトロニクス(AV機器&携帯電話)、カメラ、パソコン・周辺機器 8% 30円
(エレクトロニクス、カメラ、パソコン)付属品、楽器、スポーツ&アウトドア、カー&バイク用品、おもちゃ&ホビー 10% 30円
ドラッグストア ・1商品当たりの売上合計が1500円以下の場合は、商品代金の8%

・1商品当たりの売上の合計が1500円を超える場合は商品代金の10%

30円
TVゲーム、PCソフト 15% なし

このように、Amazonでは、商品ごとに販売手数料が異なります。

他のECモールと比べて安い傾向にありますが、本やCD、DVDなどのメディア商品は、上記の手数料に加えてカテゴリー成約料が発生するほか、自社発送の場合は送料や梱包資材の費用が発生するため、想定よりも費用がかかる様相です。
 

ECサイト構築費用の事例5|楽天市場

引用:rakuten.co.jp

楽天市場は、IT大手の楽天株式会社が運営するECモールです。会員数は1億IDを超え、国内有数のECモールの市場を形成しています。
楽天市場に出店する際に必要な費用は以下のようになっています。

がんばれ!プラン スタンダードプラン メガショッププラン ライトプラン
対象者 ECサイト運営の経験が少ない人 目標月商が約140万円以上 商品数や画像量が多く必要 契約期間を短くしたい人
月額出店料 1万9500円/月
年間一括払
5万円/月
半年ごとの2回分割払
10万円/月

半年ごとの2回分割払

3万9800円/月

3ヶ月間一括払

システム手数料(税別) 月間売上品の3.5~7.0% 月間売上品の2.0~4.5% 月間売上品の2.0~4.5% 月間売上品の3.5~5.5%
登録可能商品数 5000商品 2万商品 無制限 5000商品
画像容量 500MB 5GB 無制限 500MB

これらに加え、初期登録費用がかかるシステム設計となっています。月額出店料を年間一括払する「がんばれ!プラン」で、初回出店料はおおよそ29万4000円です。

楽天市場は、プラン選びのポイントとして、目標の月商と画像容量をうたっており、それらを目安に適切なプランを選択すると良いでしょう。
 

ECサイト構築費用の事例6|ebisumart

引用:ebisumart.com

ebisumartは、パッケージ型のクラウドコマースプラットフォームです。カスタマイズ内容によって、従量課金プラン固定料金プランレベニュープランの異なる3つのプランを提供しています。

この3つの料金プランは下記の通りです。

従量課金プラン 固定料金プラン レベニュープラン
プランの特徴 サイトのアクセス数によって毎月の費用が変動する 毎月の利用料金を固定。安定した予算を組める サイト売上に対して一定の料率を支払うプラン
初期構築費用 300万円〜 300万円〜 1000万円〜
月額 基本保守料金+カスタマイズ機能保守費+オプション利用料金+アクセス費用(変動) 基本保守料金+カスタマイズ機能保守費+オプション利用料金+アクセス費用(固定) 毎月の売上金額の2.5%

ebisumartは、パッケージ型のECサイトであるため、初期費用が高い傾向にあります。ただ、クラウド型システムとなっており、自社でサーバーを持たず、設備投資を必要以上に経費をかけたくない事業者に適しているサービスと言えるでしょう。
 

ECサイト構築費用の事例7|EC-CUBE

引用:ec-cube.net

EC-CUBEは、ECサイト用のオープンソースです。メンテナンス費が無料のクラウド版と、自社サーバーに無料インストールできるダウンロード版の2種類を提供しており、全国3万5000店舗以上に利用されています。

クラウド版の料金は下記の通りになっています。

クラウド版
Liteプラン Standardプラン
料金 月額6800円〜

*販売額が50万円超過 6800円+超過分×1.3%

月額3万9800円〜6万4800円

*販売額が500万円超過 3万9800円+超過分×0.5%

販売額が1,000万円超過 6万4800円

初期費用 無料 7万円
主な機能・サービス ・EC-CUBE基本機能

・商品登録 無制限

・独自ドメイン対応

・自動アップデート

・SSL標準提供

・Liteプランの機能全て

・Git管理・編集履歴機能

・カスタマイズ機能解放

・ステージング環境

・エラーログの取得

*Liteプランは現在、新規登録受付中止中

ダウンロード版はオープンソースであるため、自社サーバーなどにダウンロードして利用できます。ただし、レンタルサーバーを使用する場合は、費用がかかります。

 

【Web制作会社に委託】ECサイトを構築する場合の見積もり例

最後にWeb制作会社に委託してECサイトを構築する場合の見積もり例を紹介します。
自らサービスに申し込みして構築するよりも費用が安くなるプランを用意しているため、比較検討の上、利用してみても良いかもしれません。
 

ECサイト構築費用の事例1|askme

引用:askme.co.jp

askmeは、楽天市場の業績アップに貢献する大阪府のWeb制作会社です。楽天市場内の検索対策に対応しているほか、コンセプトとターゲットを明確にするデザイン制作を強みとしています。

askeの制作プランと費用は下記の通りです。

おまかせパック レギュラーパック オリジナル制作プラン
費用 17万円 38万円 40万円
対象者 予算を抑え、早く出店したい人 予算を抑えたいけど、デザインにこだわりたい人 とことんこだわり、ベストな形で構築したい人
主なサービス おまかせトップページ、楽天市場RMS(店舗運営システム)基本設定、商品ページ雛形作成1種類or商品登録10点 サイト設計企画構成、オリジナルトップページ、楽天市場RMS基本設定、商品ページ作りこみフォーマット1点商品登録5点or商品登録30点、共通説明文(大1点) ヒアリングを通じたサイト設計
納期 制作着手から10営業日 制作着手から20営業日 記載なし

askeの制作プランを活用すると、楽天市場で制作するよりも費用が安く収まるケースがあるようです。楽天市場でECサイトを運営したい人は、資料請求からしてみると良いかもしれません。
 

ECサイト構築費用の事例2|IKITA企画

引用:ikita.net

IKITA企画は、東京都江東区のWeb制作会社です。自社サイトから楽天市場やヤフーショッピングなどモール型制作代行などを手がけ、サイト制作の実勢は10年で1000件を超えます。

初心者ECサイト開業者を対象にしたサービスの見積りは下記の通りです。

初心者ライトPACK スタンダードPACK
費用 4万9800円(税込) 9万9800円(税込)
内容
  1. 共有ヘッダー
  2. 共通左メニュー
  3. 共通フッター
  4. TOPページコンテンツ
  5. 大・小バナー制作10個
  1. 共有ヘッダー
  2. 共有左メニュー
  3. 共通フッター
  4. TOPページコンテンツ
  5. 大・小バナー制作20個
  6. 商品カテゴリーページ100ページ
  7. 商品詳細ページ制作500点
  8. 独自フリーページ制作5ページ

IKITA企画は、デザインについて、テンプレートやカラー選択ではなく、100%オリジナルデザインを提供しています。対応モール、カートは楽天市場やMakeShop、カラーミーショップなど、複数のモール、カートASPの制作にも対応できるそうです。
 

ECサイト構築費用の事例3|イコールズ

引用:services.equals-web.com

イコールズは、大阪府のWebシステム開発会社です。ECサイト制作では、楽天市場などのショッピングモール出店サポートと、無料のECサイト用オープンソース「EC-CUBE」で独自の通販システムを構築するオリジナルECサイト制作プランの2プランを低価格で提供しています。

ショッピングモール出店サポートと、オリジナルECサイト制作プランの料金は下記の通りです。

ショッピングモール出店サポートプラン料金表
基本料金 5万円
デザイン制作 TOPページ:5万円〜
カテゴリーページ:1万円〜

オリジナルECサイト制作プラン料金表
基本料金 6万8000円〜
スマホサイト +2万円〜
携帯サイト +2万円〜
レスポンシブWebデザイン対応 +3万2000円〜
プラグイン・モジュール導入 +1万円〜
機能追加カスタマイズ PHP・Smartyテンプレート:5000円〜*別途見積
jQuery:1万円〜*別途見積
データベース(PostgreSQL/MySQL):2万円〜*別途見積
Flash:2万円〜*別途見積
デザイン制作 PCサイト:5万円〜
スマホサイト:+2万円〜
携帯サイト:+2万円〜

イコールズは、これらに加え、商品登録代行や、コンサルティングを含めた運用サポートのサービスもそろえています。
基本料金が安く、加算するごとに費用が高くなる仕組みですが、サービス単体の値段は、Web制作会社と比べて安くなっています。
 

ECサイト構築費用の事例4|ティファナ・ドットコム

引用:tifana.com

ティファナ・ドットコムは、東京都の総合Webサービス会社です。Webサイト制作からシステム構築、デジタルプロモーションを一気通貫で行うWebインテグレーションの事業領域で20年以上の実績を持ちます。

ティファナ・ドットコムが提供するWebサイト構築の参考価格は下記の通りです。

ECサイト(小・中規模) ECサイト(大規模)
平均依頼金額 400〜600万円 800万円〜
制作期間 4〜5ヶ月 6ヶ月以上
ページ数目安 30ページ前後 40〜50ページ前後
補足事項 ECパッケージ、ASPサービスの利用を想定 外部システム連携は別途お見積もり

平均依頼額は、数百万円単位で他のWeb制作会社と比べて高い傾向にあります。ホームページに記載はありませんでしたが、おそらくECサイトの構築方法がオープンソースや、フルスクラッチであるからだと考えられます。

 

ECサイト構築にかける費用は計画をもとに決めよう

ECサイトの構築費用は方法によってさまざまです。
自社ECの希望予算やどんな機能がほしいかを具体的に書き出して、適切な方法を選ぶとよいでしょう。

ECサイトを作成したあとは、SEO対策などの集客や顧客の管理などが必須になります。
そのさいに、最新の機能を搭載したDMMチャットブーストの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

DMMチャットブーストはLINE公式アカウントの自動化ツールです。Shopifyと紐づけて顧客情報を一元管理することができます。
この記事を読んでShopifyの導入を検討した方は、ぜひDMMチャットブーストの導入も検討していただけると嬉しいです。

まずは資料をダウンロードして、導入の手順やサービスの概要を確認してみてください。

DMMチャットブーストではEC事業に関する記事もございますので、ぜひご覧ください。

DMMチャットブーストforEC